超簡単!価値を上げる古銭の清掃術。

古銭の洗浄は水洗いが原則

出土品の古銭であれば、泥が付いていますので水洗いで泥を落とします。錆も付いているはずですが、無理に落とさないのが原則です。伝世品であれば、手垢が凹凸模様の凹みの部分に溜まっているでしょうが、水洗いか中性洗剤で軽く洗い落とす程度にして、完全に除去することを目指さないようにします。
非常に古い古銭、例えば皇朝十二銭のようなものは、その殆どが出土品であり、出土当時は、その全部が厚い錆に覆われていて、文字も読めない状態であったはずです。ですが、古銭市場に流通しているものの多くは、彫刻刀などで錆を徹底的に落とし、文字が明瞭に読める状態になっています。これは厳密に言えば、加工品であって本来の形状を失っています。かと言って、文字も読めない錆だらけでは、見た目は錆の塊でしかありません。錆落としは、文字が辛うじて読める程度に留めておくことが大事だと思われます。元の状態に戻せませんから、やりすぎないようにしましょう。

金貨や銀貨はどうするか

大判や小判や二分判金などの金貨は、洗浄しないのが原則です。特に大判は、表面に墨書がありますから、水洗いすら厳禁です。小判や二分判金は、金と銀との合金で、特殊な方法で表面加工していて、銀を溶かして金だけが表面に残るように当初からしてあります。ちょうど、金メッキした状態なのです。研磨剤などを使って磨き上げると、地色が出て金の輝きが大きく損ねます。水洗い程度なら、問題ありませんが、古色を残した方が良いでしょう。
銀貨については、黒い錆が出ることがあり、見苦しいため、薬剤で錆落としをすることがあります。重曹を水で練って軽くこすると、銀の黒い錆は完全に除去できます。見た目はきれいなりますが、これによって価値が上がるということは、特にありません。古銭の洗浄は、やりすぎると元に戻らない傷物になりますので、できるだけ現状維持で我慢します。

© Copyright Lunaticg Coin. All Rights Reserved.